<iframe src="https://www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-KWSW7ZQ" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">
デモを依頼する

Circlaceとは

Circlaceは、社内外からのお問い合わせ対応業務を効率的に進めることができるプラットフォームです。お問い合わせ管理と社内コミュニケーション、プロジェクト管理の機能をあわせ持ち、サポートサービスやヘルプデスク部門などの間接部門に対する問い合わせとタスクをオンライン上で一元管理することができます。

─ Circlace開発にあたって

カスタマーサポートやプロジェクト管理の課題を解決

課題 1

対応漏れが
発生してしまう


お客様とのコミュニケーションにメールを利用していると、宛先漏れ、確認漏れ、 対応する担当者のアサイン漏れなど、ヒューマンエラーによる対応漏れが発生。

triangle down

情報を一元管理することで、
抜け漏れ防止

solution 01 一元管理2@2x

すべてのコミュニケーションをCirclace上で管理することで確認漏れを防止。さらに「お問い合わせ一覧」から、未アサインのタスクが一目瞭然。リモート環境での対応時にも迷いません。

課題 2

対応の優先度が
わからない


お客様先に複数のご担当者がいる場合など、五月雨式に問い合わせが発生し、作業の優先順位をがわからない。確認に手間取り、対応に時間がかかってしまう。

triangle down

対応中の問い合わせを
一覧表示。優先順位も明確に

solution 02 一覧表示2@2x

問い合わせへの対応状況を一覧で表示。それぞれに優先順位を設定することで、依頼側、対応側の共通認識のもと、問い合わせ対応やそれに伴う作業を効率よく行なうことが可能に。

課題 3

対応の進捗状況が
わからない


問い合わせした側から作業の進捗がわからないと、返答がないことへのイライラや対応してくれるのか不安に。再度の問い合わせなど、余計な手間を生むことも。

triangle down

対応状況を可視化し、
お客様の満足度もアップ

solution 03 ガントチャート2@2x

各タスクの進捗状況や作業期間をガントチャートで表示。対応状況をお客様側が確認することも可能。進捗に関する報告の手間も軽減し、お客様の満足度向上にも。

triangle down2

タッチポイントを一つにすると、お客様の「現在の課題」が把握できる

すべてのお客様とのやりとりや社内の対応状況(コミュニケーション)などの情報を一元管理することで、お客様が「今、何に困っているか?」を適切に把握することができます。 これらの情報を活用することにより、お客様の “現在の” 状況に即した提案や営業活動を行うことができます。

case@4x-1

Circlaceの特徴

01 問い合わせ管理@4x

問い合わせ管理

問い合わせをチケットとして登録し、すべてのメンバーで共有。問い合わせ日次や対応期日、アサイン状況が可視化され、対応漏れを防ぎます。

02 ナレッジ監理@4x

ナレッジ管理

問い合わせ内容の蓄積・共有が可能。過去の問い合わせを参照することで、問題解決の迅速化につながります。また、対応品質も標準化されます。

03 社内連携@4x

社内連携

問い合わせ担当者から社内の営業担当者や技術者への連絡が容易に行えます。また、連絡の履歴も蓄積されるため、現在の状況や対応内容をすぐに確認できます。

04 プロジェクト管理@4x

プロジェクト管理

複数のタスクが含まれる問い合わせを、一つのプロジェクトとして登録できます。ガントチャート表示にも対応しており、各タスクを計画的に進めることができます。

05 forum-1

フォーラム

ポータル内で共有したい情報を気軽に共有作成できる「フォーラム機能」を備えています。ブログのような容易さでお客様に役に立つコンテンツをスピーディに作成することができます。

Circlace開発にあたって

 

Circlaceの開発を企画したのは20167月の社長就任直後に遡ります。

当時の当社はSalesforceの開発、及びSalesforceアドミニストレーター派遣が事業のほぼ全てでした。また、そのサービスは人月ビジネスと人材派遣であり、会社を成長させるためには人材を採用し続けなければいけないビジネスモデルでした。故に当社は会社設立当初より積極的に社員を採用し続けていましたが、即戦力となる優秀な人材の採用は容易ではなく、またSalesforce未経験者の教育には時間を要するため収益的に非常に厳しい状況下にありました。 さらに、開発プロジェクトや派遣先での仕事についてのナレッジが集約・共有されておらず、今現在、開発プロジェクトや、お客様、マーケットで何が起こっているのか理解するのに時間がかかり本当に雲を掴むような状況でした。 

 

 そこで、私の社長就任直後に顧客との繋がりを全てデジタル化することを社内に宣言し、そのためのプラットフォームを自社で開発する事を決定しました。このプラットフォーム開発のゴールは、顧客接点をデジタル化することにより真のCRMを実現することと、システム開発や人材派遣といった人材サービスをデジタル化すること = デジタルトランスフォーメーションにありました。そして当社がこのDXを成功させることにより、開発したプラットフォームをSaaSとして多くのプロフェッショナルサービス提供事業者に利用してもらうことを目指しました。 

 

このプラットフォームは20174月にSalesforceアドミニストレーターによるリモート保守サービス AGORA のプラットフォームとしてサービスを開始致しました。AGORAは着実に顧客数を伸ばし、多くのお客様にご利用頂いてきましたが、プラットフォームは試行錯誤を重ねながら開発してきたこともあり、そのままSaaSとして販売できるアーキテクチャにはなっていませんでした。そこで2019年初頭よりプラットフォーム再構築検討を開始し、運良く5月にCDO井上の入社が決定し、2019年夏よりcirclaceの開発が始まりました。井上チームの素晴らしいチームワークにより、マイクロサービスやブロックチェーンといった最新のテクノロジーを要所に活用しつつ、20201月にはβリリース、そして当初計画通りの20204月にSaaSとしてサービス提供を開始する事ができました。また現行のAGORA20206月に全面リプレースし、プラットフォームだけで無く既存サービスのアップグレードも果たしました。 

 

そして、私達はこのDX第一弾の成功と今後のさらなる企業変革の決意を込めて、社名とプラットフォーム名を統一することを決断し、202071日よりサークレイス株式会社として新たに始動致します。Circlace SaaSはまだ始まったばかりですが、私達が実現したい夢の詰まったプラットフォームです。まだまだ沢山実装したい機能もありますし、海外展開も計画しています(既に英語、中国語対応は済んでいます)。また、我々の各種コンサルティングサービスもCirclaceを活用し、さらなるDXを推進していきます。これからのCirclaceの成長と活躍に是非注目頂きたいと思います。

代表取締役社長 佐藤 潤

顧客満足度95%を誇るパソナテキーラの
サポート業務のノウハウを結集したプラットフォーム

 
パソナテキーラでは、3年前にリモートサポートサービスを立ち上げ、自社プラットフォームを利用してサービスを提供してきました。単なるお問い合わせ対応ではなく、よりプロアクティブに最適なサポートを行うためのノウハウを集約し、新たなプラットフォームとして生み出されたのがCircalceです。

Circlaceでは、SaaSベンダーやコンサルティング企業、人材派遣など、企業向けにサービスを提供するあらゆる業界でご利用いただけます。このプラットフォームを活用することで、社員が個々に保有している業務プロセスやノウハウを集約し、ユーザーに対してより品質の高い提案やサービス提供を行えるようになります。

真のカスタマーサクセスを追求するためのツール、それがCirclaceの目指す姿です。
デモを依頼する